Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タワーマンションでは南西向きや西向きの部屋が良い条件とは言えない理由

タワマンの場合、北向きの部屋も人気です!

通常、南西や西向きの部屋というのは、昔から条件の良い物件とされます。

逆に、北向きの部屋は条件の悪い部屋とされています。

これはやはり、南西や西向きの部屋は日差しが十分に入ってくることから部屋が明るくなり、また日光が十分に入り込むことによって部屋の中が暖かくなるからです。

タワーマンションであってもこれは同じ、と考えてしまうところですが実際はそうとも限りません。

特に、タワーマンションの高層階は周囲に日光を遮る建物などがないため、窓から強い日差しが入ってきます。

頭の中で想像すると良いイメージとして映るかもしれませんが、実際にそうした環境で生活をしてみると「部屋が暑くてしょうがない・・・」と感じられてしまうことが多々あるのです。

夏はもちろん、秋〜初冬でもエアコンをたまに付けたり、日中はカーテンを閉めきっているという人も決して少なくはありません。

タワーマンションに設置されている窓ガラスはとても断熱性が高く、部屋の中の暖気を外に逃すことがありません。

これも冬場なら部屋が暖かく保たれ大きなメリットになるのですが、夏場は強い日差しによって上がった室温が下がらないということにつながり、かなりの室温になってしまいます。

さらに、ベランダがないダイレクトウィンドウの部屋なら、窓を開けることがないため風を室内に入れることもできません。

一見条件の良い南西、西向きの部屋ですが、タワーマンションでは季節によってはそれが逆にデメリットになってしまう可能性もあるわけです。

事実、タワーマンションでは北向きの部屋も一定の人気を誇っており、これは北向きの部屋の方が快適に生活できると考える方が多いからです。家具も直射日光で痛みません。

ただ、部屋の中で植物を育てたいという場合などはやはり南西、西向きの部屋の方が適しています。

また、北向きの部屋は周囲を建物に囲まれているような環境だと、室内が暗く感じられることも否めません。

いざ住み始めてから後悔することになることのないよう、「南西、西向きだから無条件で良い部屋」という判断ではなく、自分が求める生活スタイルに適しているのかどうかを事前にしっかりと確認することが大切になります。

ちなみに、当サイト管理人は現在、タワーマンションの東向きの20階の部屋に住んでいますが、朝型に日差しが当たるため、気持ちよく起床できます。

特に、冬は朝7時でも20度前後あり、寝起きからあまり寒く感じません。

少し肌寒く感じたら、床暖房を付け、足元を温めます。(ただし、床暖房は電気代がエアコンの暖房よりも高いです。)

逆に、夏場は朝からすごく暑いので、前日の夜からエアコンを軽めに入れています。

朝はエアコンを入れていないと、朝7時で30度を超える日もあります。

エアコンは床暖房に比べると、電気代は安いので、1日中付けていても月間の電気代はそれほど上がりません。