タワーマンションの住人の年収〜億ションに住む人の年収はどのくらい?

Pocket
LINEで送る

1億円を超えるタワーマンションなら年収2000万円は必要!

タワーマンションを購入する際には初期費用はもちろんのこと、その後、維持費(管理費や修繕積立金)も割高になる傾向があります。

マンションは一度建設すればそれで終わりとなるわけではなく、所々で修繕が必要になるうえに中長期的には大修繕も必要になることから、住人による積立が必要になります。

この修繕積立金は物件により異なりますが、居住年数が延びるごとに増えていく事もあり、5年後には2倍、10年後には3倍などと高騰するマンションもあります。

また、修繕積立金以外にも管理費も支払う必要があり、物件価格自体が安く感じたとしても、修繕積立金や管理費が高いことから早々に購入できるものではありません。

このように、タワーマンションは購入後の出費も大きくなるため、必然的に住民の多くは高年収の方が多くなる傾向があり、お住まいの方の服装や行動からもそのあたりの事情が透けて見えてきます。

とはいえ、全てのマンションで住民の方の年収が高いわけではなく、エリアや価格帯によってランクがあるため、それぞれで大きく変わってきます。

まず億ションとも呼ばれる1億円を超える部屋の場合、月々に掛かるランニングコストが4万円を超えてくることもあり、駐車場費用なども合わせると月々の支払額の総額が10万円を超えてしまうこともあります。

このあたりのクラスの住人には富裕層が多くなり、年収に関してはおよそ2000万円以上は必要になります。

そうしたクラスがある一方で、ファミリー向けのタワーマンションも多く存在しており、こちらであれば一般的なマンションよりも少し高い維持費で収まります。

およそ3000万円前後で購入できる物件であれば、管理費だけでなくローンも含めた月々の支払額の総額は10万円台で収まる事になり、住人の平均年収はおよそ600万円から800万円ほどに落ち着いてくる事になります。

また、物件の値段はエリアによりまったく変わってくるので、同じレベルのタワーマンションでも住むエリアによって年収レベルも変わってきます。

3A(青山、赤坂、麻布)に建つマンションはサラリーマンでは手が出ない価格のものが多いですが、湾岸に建つマンションは都内に勤めるサラリーマンでも購入できる部屋がたくさんあります。

ちなみに、年収3000万円以上の人が一番住んでいるエリアは港区だそうです。