タワーマンションの地震の耐震性が高い理由、水の常備は忘れずに!

Pocket
LINEで送る

家具が転倒しないように、室内でできる地震対策も忘れずに!水の常備も大切です!

2011年3月の東日本大震災以降、これから来る新たな震災に向けて様々な対策を講じている方も多いのですが、地震対策という点で見たときにタワーマンションは耐震性でどの程度の評価ができるのでしょうか?

まず高層のマンションの場合は、わずかな揺れでも大きく増幅される特徴があり、建物が縦に長いことから横への揺れ幅があり振動をより大きく感じやすくなります。

そのため、戸建て住宅と比較したときにマンションは耐震性が高くなるよう非常に丈夫に作られており、制震構造や免震構造を採用していることから大きく損壊する可能性は少なくなります。

この制震構造や免震構造とは、建物内部に揺れを軽減させる装置を埋め込んだり、建物と土地の間にゴムの構造物を入れることで揺れを吸収するなど様々な方式があるのですが、いずれも地震特有の細かな揺れを抑えて大きくゆっくり揺れ動くような振動を感じる事になります。

この耐震性に関しては2000年に住宅性能表示制度が開始されたことから数字で見ることができますので素人目にもわかりやすく、新耐震基準の1.25倍から1.5倍ほどの性能を有するマンションであれば心配は不要となります。

また、この制度の下に建築されたマンションの場合は、免震マンションなど名称がつけられていますので、この点でも分かりやすくなります。

ただ、「タワーマンションは耐震性が優れているから」とそれに過信することは無く、個々のご家庭で家具が転倒しないよう装置を取り付けるなどの地震対策を欠かすことはできません。

家具や家電の上部に突っ張り棒を取り付けたり、またテレビなども転倒することが無いよう土台を固定しておきましょう。(これは非常に重要です。)

特に、タワーマンションにお住まいの方が恐れるのは、停電や故障などによりエレベーターが停止する事態だと思いますが、そのあたりについても想定しておく必要があります。

食糧や消耗品の備蓄はもちろんのことですが、とりわけ飲料水など重量があるものは運搬が難しいので日頃からしっかりと備蓄しておいた方がよいでしょう。

地震対策に関しては、「タワーマンションの地震の安全性〜耐震構造・制振構造・免震構造の違い、地盤(ハザードマップ)」も御覧ください。