Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タワーマンションなら北向き(北側)の部屋でもメリットがたくさんあるから意外と人気

タワーマンションの場合、北向きの部屋でも十分に明るく、温かいですよ!

タワーマンションに限らずですが、「部屋の向きは南側が良い」という人が多いのではないでしょうか。

確かに、日当たりの良い南側に部屋があるのは魅力的で、実際に南側にある物件は人気が高く、分譲価格も賃貸価格も高くなる傾向にあります。

逆に、北側の部屋は避けられることが多いのですが、タワーマンションの場合、必ずしも「南側が良く、北側は悪い」とは言えないのです。

まず、タワーマンションというのは基本的に窓を開けず、閉めきった状態で生活することを想定しています。

これは特に都心部だと窓を開けることで騒音が気になってしまうことが多く、高層階では風が強いため窓を開けて生活することに心理的抵抗を感じるからです。

日差しを遮る建物が周囲にないタワーマンションの場合、室内に強い日差しがダイレクトに入り込みます。

その状態で窓を開けることができないとなれば室内の温度はどんどん上昇してしまい、常にエアコンで室温の調節をしなければいけません。

これは陽当りが良い南側の部屋で特に顕著で、夏場はエアコンを使用しなければかなりの暑さになってしまいます。まさに蒸し風呂状態です。

実際、タワーマンションの南側の部屋で生活している人の中には、真夏の日中の暑さにはとても耐えられないと感じている人も少なくありません。

一方、北側の部屋は南側に比べて日差しもそこまで強くありませんので比較的涼しい環境で生活をすることが可能です。

エアコンを使うなら、どちらでも同じと考えるられるかもしれませんが、夏は涼しく冬でもタワーマンションの断熱性の高さによって比較的暖かく過ごすことができる北側の部屋が最近では見直されてきています。

つまり、一般的な感覚とはまったく逆なのがタワーマンションでの生活というわけです。

スポンサーリンク

北向きの部屋のメリット

どうしても、「北側・北向き」というとデメリットがありそうな感じがしてしまいますが、タワーマンションならではの北側の部屋のメリットがあります。

まずは、先程も言ったように、夏に暑くなりすぎず、冬でも窓が大きいため部屋が暗くならず、通常のマンションよりも暖かく過ごせること。

また、直射日光が当たらないので、高価な家具を置いても日差しで痛まないこと。

周囲の目線が気にならない環境なら、直射日光が当たらないため、1日中カーテンを開けたまま過ごせること。

ただし、周辺環境によって前提条件が変わってくるので、そこは住む前にチェックしておきたいところです。

個人的には、タワマンの場合、北向きの部屋は分譲価格が安く設定されていることが多いため、お得度が高いように感じています。

投資やリセール目的で購入する人なら、分譲価格が低めに設定されている北向きの部屋は狙い目かもしれません。