Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タワーマンションの住み心地とは?眺望・日当たりの良さ、花火大会

カーテンを開けっ放しにしても覗かれることがない開放感が有ります!

タワーマンションでは、どのような生活を送ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

眺望

20階以上のタワーマンションに住む魅力としては、高さを活かした住み心地がまず最初に思い浮かびます。

実際、多くの方が声を揃えて言う住み心地の良さの中に、「眺望の良さ」「景色の抜け感」があります。

都心で手にすることができる見晴らしの良さ、開放感などはお金では買うことはできません。

向い側に同じ高さの建物がない限り、カーテンを開けっ放しにしていても周りの目を気にすることもなく日常生活をおくることができます。

日当たりの良さ

また、タワーマンションならではの良さに「日当たり」があります。

ビルの合間にある都心マンションや駅前のマンションでは、なかなか日当たり良好といった場所は難しいものです。

一般マンションの上階であれば日当たりが良い部屋もあるかもしれませんが、そういった部屋は少数なので抽選でなかなか当たらなくなります。

しかし、タワーマンションなら部屋数がたくさんあり、日当たりの良い部屋もたくさんあるので、抽選になっても当選しやすいです。

また、北側の部屋でも室内が日差しで明るいのがタワーマンションの最大の魅力でもあります。

花火大会

近くで花火大会があった時、タワーマンションなら最高の特等席で見ることができます。

仮に、自分の部屋からは角度的に見ることができなくても、共有施設で見ることができる場合があります。

実際、タワーマンションの中には、花火大会の日に共有施設が混み合いすぎてしまうので、抽選にしているところもあるくらいです。

マンション内から花火が見えれば、人混みに入ることもなく、ゆったりした気分で花火鑑賞ができそうです。

その他

エリアによっては、タワーマンションは誰にでも目立つランドマーク的な存在なので、食事のデリバリーをした時もマンション名だけで分かることが多いです。

また、各階ごとにゴミ捨て場があり、24時間毎日ゴミ出しが可能なので、部屋にゴミを貯める必要もあります。

このように、住み心地にも良い所はたくさんあります。

反面、高層すぎることで地震の時に建物の揺れを大きく感じてしまったり、気圧の変化などによって体調を崩してしまう人もいるようです。

高層マンションは合う人と合わない人がいるので、一度賃貸を経験してから購入するという選択肢もあります。