Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地震時のタワーマンションの液状化リスクとその対策

埋立地や川の近くは液状化のリスクが高まります!

タワーマンションに住むことを検討する時、気になるのが液状化についてです。

東日本大震災の時にはいくつかの地域で実際に液状化が起きたこともあり、安全性だけでなく資産価値も落としたマンションがありました。

スポンサーリンク

液状化とは?

液状化とは、地盤を支えている土や砂の間に水が入り込むことによって地盤が崩れてしまう現象のことを言います。

地盤は建物を支えているわけですから、その地盤が崩れてしまえば上に乗っている建物にも大きな影響が出てしまいます。

最悪の場合、建物が倒壊してしまう可能性もあり、住まい選びをする際には液状化のリスクについて地盤を確認しておくことは必須事項と言えるでしょう。

液状化が起こりやすい土地とは?

液状化は地面に水分を多く含んでいる埋立地などではそのリスクが高まります。

東京には埋立地が多く存在しており、埋めたに建てられたタワーマンションも少なくありません。

憧れであったはずのタワーマンション暮らしが突然の地震による液状化によって大きな問題を抱えることになるかもしれないのです。

また、埋立地だけではなく川の付近も液状化のリスクが高い土地と言えます。

もし、こうした土地にあるタワーマンションに住もうと考えるのであれば、いつか後悔する事態に陥らないためにも、まず液状化対策はどうなっているのかを確認すべきです。

液状化対策

ただ、よほどのことがない限り、タワーマンションを建てる土地では液状化対策が施されています。

たとえば、横浜のみなとみらいは埋立地で有名ですが、地盤を特殊な加工で強固にし、非常に固い地盤となっています。

そのため、みなとみらいは埋立地ですが、災害時には避難場所として指定されているくらいです。

また、どんなマンションでも地中深くまで杭(くい)を打ち込むことで耐久性を上げ、万が一、液状化が発生した場合でもタワーマンションに悪影響が出ないようにします。

ただし、これは打ち込んだ杭が想定通りの効果を発揮した場合のことで、相手が地震という自然現象である以上、人間の想定を超える事態が起こることもあり得ます。

その意味ではどんな対策を施しているとしても、リスクが完全になくなったわけではないと考える必要があるでしょう。

タワーマンションを選ぶ際にはその土地のリスクについても知ることが大切です。

液状化しそうな土地かどうかは、ハザードマップで事前にチェックすることができます。