タワーマンションでグランドピアノの搬入は可能なのか?

Pocket
LINEで送る

クレーンで吊り上げるか、パーツをバラしてエレベーターで運ぶ方法が有ります!

人により趣味は様々あるものですが、なかでも音楽をたしなむ方は非常に多いのではないでしょうか。

一般的には、ピアノやバイオリン、フルート、エレクトーンなどと様々な楽器があるのですが、その中でもピアノはサイズや重量が大きく、持ち運びには適さない上に自宅に設置する際にも幅を大きく取ります。

特にグランドピアノともなれば、その重量は200〜350kgほどとなり、寸法もおよそ高さ100cm、間口150cm、奥行160cmとなりますので、自宅に設置する場合には搬入が非常に難しくなります。

では、タワーマンションの場合はピアノの搬入は可能なのでしょうか?

まず持ち込みに際して一番最初に確認しておきたいのは、タワーマンションの管理組合で楽器に関する規定がないか確認することです。

集合住宅では楽器の騒音については以前よりトラブルの種になっていますので規定が存在する可能性が高く、せっかく購入したにも関わらず楽器が禁止されている場合はムダになりますので、まずはこの点から確認を行う必要があります。

タワーマンションの中には、防音効果を施した共有施設があり、そこで楽器の練習ができたりするものもあります。

続いて、不動産会社もしくは管理会社に室内の床の耐久性について確認する必要があります。

アップライトピアノでも重量は200kgを超えており、グランドピアノともなれば350kgに達する場合もありますので、家具や家電を置くのと同じ感覚で設置することはできません。

そうした事情から床の耐久性を確認したうえで了承が得られたら、いよいよ搬入する事になります。

タワーマンションへのピアノの搬入の仕方としては二通りが考えられ、「クレーンで吊り上げそのまま室内に運び込む方法」と「細かいパーツにばらしてエレベーターで運び込む方法」です。

クレーンを用いる場合は費用が相当かかる事になりますし、高層階では考えられません。

一方、エレベーターで運ぶ方法はそれほど多くの費用は掛からず、一般サイズのエレベーターでもグランドピアノをばらし運び込むことも種類によっては可能となりますので、運搬業者に問い合わせてみるといいでしょう。

ちなみに、タワーマンションの場合、一般のエレベーターとは別に搬入用のサイズが大きめのエレベーターがあります。

運送業者やペットを飼っている人も、基本的にこちらの搬入用エレベーターを使うことになります。

ですので、マンション内で引越があったとしても、一般のエレベーターには影響は全く出ません。

ここは、タワーマンションのメリットの1つかもしれません。