Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タワーマンション低層階のメリット〜価格、内装、移動・避難のしやすさ、固定資産税

低層階でもタワーマンションの場合は内装レベルが普通のマンションよりも高いです!

「タワーマンション」というと、高層階からの壮大な景色など、高層ならではのメリットを思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、タワーマンションの場合、低層階ならではのメリットがあるのです。

スポンサーリンク

価格

タワーマンションで皆さんが求める一番の魅力は、高さが活かされる最高の眺めにあることでしょう。

高層階になればなるほど、購入希望者の数は増え、倍率も高くなってきます。

階が下がってくると、タワーマンションとしての魅力が薄れてきてしまい、普通のマンションと似たような扱いとなっていることもあります。

そのため、低層階は高層階に比べて分譲価格が割安になります。

タワーマンションの中で一番割高なのは、高層階にあるプレミアムルームです。坪単価がだいぶ上がります。

デベロッパーはプレミアムルームで多くの利益を出して、タワーマンションなのに部屋からの景色がない低層階の部屋はそのぶん安くして、割安感を演出して売り切ろうとするのです。

富裕層は割高・割安という価格よりも、気にいるか・気に入らないかでマンションの購入を考える傾向があるので、多少割高でも唯一無二の景色などがあれば買ってしまうのです。

しかし、今は普通のサラリーマン家庭でもタワーマンションを購入する時代です。

資産価値の高いタワーマンションを割安価格で買いたいなら、低層階は狙い目と言えます。

内装

タワーマンションの低層階だからこそのメリットとしてオススメできることの1つに「内装レベルの高さ」があります。

一般マンションでは内装部分が均一化している物件がほとんどですが、タワーマンションは内装のグレードが高くなっているため、贅沢感や特別感があります。

高層階に比べると景色は劣るかもしれませんが、内装は同レベルのものを揃えられます。

外部への移動のしやすさ

地上に近い場所で生活ができる低層階の部屋には、「外部への移動のしやすさ」や「災害時の避難のしやすさ」などのメリットもあります。

高齢者の方で移動を困難とされている方にとっては、震災時にエレベーターが止まってしまっても自分の部屋に階段でたどり着けたり、バリアフリーを活かすこともできます。

最近のタワーマンションでは敷地内に大きめの庭園などを造っている所も多く、低層階ならではの楽しみ方や景色もあります。

固定資産税が安い

2017年度税制改正大綱でタワーマンション高層階の固定資産税を引き上げる制度を政府は盛り込みました。

20階建て以上のマンションの固定資産税を見直し、中間の階の税額は現在と変わらないが、高層階ほど高くし、低層階は引き下げる方針です。

つまり、現在のタワーマンションでは、固定資産税は階数に関係なく一定ですが、今後は高層階ほど固定資産税が高くなり、低層階ほど固定資産税が低くなるということです。

今後は固定資産税が低い低層階の人気が高くなる可能性もあります。

参考:
タワマン高層階、国外財産… 富裕層に課税強化|マネー研究所|NIKKEI STYLE